前へ
次へ

薬局で働く薬剤師の存在感

高齢化社会になり病院にお世話になる人が増え、通院後処方された薬をもらうために調剤薬局に立ち寄る人の姿が多くみられます。以前は病院内で薬も処方されていたのですが、1990年代には医薬分業が行われるようになりました。この医薬分業とは、医師と薬剤師の仕事を明確に分けることで、病院と薬局の経営をも分けることになります。不適切な薬の処方を排除出来ることや、不正の防止にもつなり薬の過剰投資にもつなげることが出来るようになりました。また二重のチェックが可能になることで、患者側への適正な薬の処方が行われることにもなりました。医薬分業が確立された時代と同時に世間では、ドラッグストアが急展開を行っています。今ではドラッグストアの市場規模の大きさはデパートより大きくなっており、社会における一大勢力にもなっています。ドラッグストアとは、多くの人は当初薬がメインの販売店と考えることが多かったと思われますが、店内に入ってみると薬の販売スペースはさほど大きくなく、他の商品が数多く並んでいたことに驚きを感じたのではないでしょうか。ドラッグストアとは、医薬品をはじめとして医薬部外品や化粧品、更には日曜雑貨から食料なども販売出来る小売店となっています。店内に並ぶ商品はどれもスーパー以上に安い価格で販売されることが多く、薬を購入するのではなく日用品や食料品の購入目的で通う人も多くなっています。そんなドラッグストアにも調剤薬局を併設する所が多くなり、一般的な調剤薬局には大きな競争相手となっています。集客力ではドラッグストアに勝てる要素は少なく、薬剤師の対応が更に求めらる時代にもなって来ました。薬剤師もただ薬を渡す役目と言う時代は終わり、薬への知識を豊富に持つことや患者側の生活相談なども気楽に受けることが出来るかかりつけ薬剤師を目指す必要に迫られて来ました。患者側が求めるかかりつけ薬剤師になることが、求めれる時代になったと思われます。

吉野町の阪東橋歯科クリニック|メインテナンス重視の 歯医者
患者様の歯を守ることを第一に考えた歯科治療をお届けします

桑名の接骨院でWaDiT治療ならさくら鍼灸接骨院へ

骨盤矯正をやるならドリーム接骨院がおすすめです

歯並びの治療後にまたズレないか心配
治療後も、元のズレた歯並びにならないように、後戻り防止装置を2年間使用しますので安心です。

Page Top